Loading...

1955年11月3日生まれ。愛知県出身。映画、テレビドラマ、音楽ビデオ、ドキュメンタリー等、手がける作品は多岐にわたる。近年の主な作品に映画『20世紀少年』三部作(2008〜09年)、『BECK』(2010年)、『MY HOUSE』(2012年)、『くちづけ』(2013年)、『エイトレンジャー』シリーズ(2012、13年)、『劇場版SPEC』シリーズ(2012〜13年)、『悼む人』(2015年)、『イニシエーション・ラブ』(2015年)、『天空の蜂』(2015年)など。TVドラマでは「トリック」シリーズ、「SPEC」シリーズ、「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」、「視覚探偵 日暮旅人」、「刑事バレリーノ」「神の舌を持つ男」などがある。また「Kesennuma,Voices.東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」などドキュメンタリーも手がけ、舞台でも「テンペスト」「悼む人」「真田十勇士」「スタンド・バイ・ユー〜家庭内再婚〜」など様々なジャンルに挑戦し、幅広い世代から高い評価を得ている。

  • 1959年生まれ、静岡県出身。劇作家、脚本家、演出家、俳優。1984年劇団M.O.P.結成、2010年の解散公演まで主宰を務める。「東京原子核クラブ」(1997年)で読売文学賞受賞。「MOTHER」(1994年)で芸術選奨文部大臣新人賞。「フユヒコ」(1998年)で読売演劇大賞優秀作品賞。「高き彼物」(2000年)で鶴屋南北賞。「黒いハンカチーフ」、「赤シャツ」(2001年)で紀伊國屋演劇賞個人賞。同年「怒濤」(演出)で読売演劇大賞・優秀演出家賞/作品賞受賞。「ローマの休日」(2010年)で菊田一夫演劇賞など受賞歴多数。その他、舞台「十三人の刺客」(脚本・演出)、「非常の人 何ぞ非常に」(脚本・演出)、ミュージカル「グッバイ・ガール」(上演台本・演出)、「道玄坂綺譚」(脚本・演出)など多数。小劇場から大劇場と空間・ジャンルを問わない創作活動を高く評価されている。NHK朝の連続テレビ小説「まんてん」執筆などドラマ脚本作品も多数。

  • 1969年10月18日 静岡県出身。日本の劇作家、脚本家。オフィス・マキノ所属。1991年劇団M.O.P.入団。1998年同劇団退団。マキノノゾミに師事し、アシスタントとしてその創作活動に参加、平行して自身も執筆活動に入る。2000年マキノ演出のミュージカル「火の鳥」で商業脚本家として活動開始、2010年、故・中村勘三郎の目にとまり、コクーン歌舞伎「佐倉義民傳」を手掛けて以来、大舞台かつ殺陣をふんだんに取り入れたエンターテイメント時代劇作品の執筆が増える。主な舞台脚本作品には、マキノノゾミ演出作品「新センセイの鞄」 、「ローマの休日」 、「十三人の刺客」(いずれもマキノとの共同執筆)など。その他、宮本亜門演出による「くるみ割り人形」、深作健太演出によるに「里見八犬伝」「闇狩人」など。また、「アリス・イン・ワンダーランド」、「ザ・ミュージックマン」など大劇場向けのミュージカル脚本も多数執筆。

  • 1972年12月2日生まれ。イタリア・ピエモンテ州出身。作曲家、編曲家として映画音楽、CM音楽などを中心に活動。イタリアで作曲を学んだのち、イギリスの王立音楽院作曲科にて学位を取得し、在学中のコンペテイションで優勝を果たす。2007年、映画『嫌われ松子の一生』の音楽で、渋谷毅と共に第30回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。また、2009年公開の『パコと魔法の絵本』にて第32回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞している。他の映画作品には『BECK』(2010年)、『劇場版 SPEC〜天〜』(2012年※渋谷慶一郎と共同)、『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇/爻ノ篇』(2013年※渋谷慶一郎と共同)、『イニシエーション・ラブ』(2015年)などがあり、「SPEC」ドラマシリースの音楽も担当している。2014年の舞台「真田十勇士」でも音楽を担当。日本での活動はグランドファンクに所属し、現在もイタリア在住。

  • 1965年生まれ。ジャパンアクションエンタープライズ所属。主な映画作品に『バトル・ロワイアル』(2000年)、『壬生義士伝』(2002年)、『突入せよ!あさま山荘事件』(2002年)、『あずみ』(2003年)、『亡国のイージス』(2005年)、『日本沈没』(2006年)、『ワイルド7』(2011年)、『探偵はBAR にいる(2011年)、『サンブンノイチ』(2014年)、『暗殺教室』(2015年)などがある。堤幸彦監督作品は『天空の蜂』(2015年)、『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇/爻ノ篇』(2013年)、映画『20世紀少年』三部作(2008〜09年)、『エイトレンジャー』(2012年)、『大帝の剣』(2007年)など多くの作品に携わっている。

  • 1981年生まれ、千葉県出身。(株)エヌ・デザイン VFXスーパーバイザー。ポストプロダクションにてプロダクションマネージャーとして従事後、2006年エヌ・デザイン入社。 現在はVFXスーパーバイザー、CGディレクターとして多数のプロジェクトで活躍中。主な作品としては、BSスカパー!ドラマ「破門(疫病神シリーズ)」(CGディレクター)、日テレ系ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」(VFX)、『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』(2013/VFXスーパーバイザー)、『映画 謎解きはディナーのあとで』(2013/VFXスーパーバイザー)、舞台映像「琉球ロマネスクテンペスト」(CGディレクター)、『劇場版TRICK霊能力者バトルロイヤル』(CGチーフ)等がある。

  • 1964年 群馬県生まれ。堤幸彦監督作品『包帯クラブ』『自虐の詩』(2007年)、『20世紀少年 3部作』(2008〜09年)、『まぼろしの邪馬台国』(2008年)、『BECK』(2010年)、『はやぶさ/HAYABUSA』(2011年)、『イニシエーション・ラブ』(2015年)、『天空の蜂』(2015年)など数多くを手がけ、堤作品のビジュアル表現に多大に寄与してきた。その他、『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!』(2011年)、『映画 ひみつのアッコちゃん』(2012年)、『劇場版ATARU —THE FIRST LOVE& THE LAST KILL—』(2013年)などがある。

  • 1960年生まれ。神奈川県出身。近年の主な作品に『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(2008年)、『なくもんか』(2009年)、『BRAVEHEARTS 海猿』(2012年)、『共喰い』(2013年)、『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(2013年)、『ニシノユキヒコの恋と冒険』(2014年)、『予告犯』(2015年)、『ラブ&ピース』(2015年)、『進撃の巨人 ATTACK OF TITAN』『進撃の巨人 ATTACK OF TITAN エンド オブ ザワールド』(2015年)、『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(2016年)、『ひそひそ星』(2016年)などがある。

  • 1954年生まれ。東京都出身。88年から黒澤組の衣裳を担当する。90年『夢』で衣裳手伝い、『八月の狂詩曲』(1991年)、『まあだだよ』(1993年)、『雨あがる』(2000年)、『たそがれ清兵衛』(2002年)、『怪談』(2007年)、『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)、『清須会議』(2013年)、『そして父になる』(2013年)などの衣裳を手がける。連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の衣裳監修も担当している。