大竹しのぶ・大島優子が一夜限りの”真田女子会”開催!レポート

この度、全国公開が1週間後に迫った9月14日(水)に本作の女性キャストである、くノ一・火垂役の大島優子さん、淀殿を演じる大竹しのぶさんが登壇し、“真田女子会”トークイベントを109シネマズ川崎にて実施しました!
その模様をレポートします。

_98r1221_r

★本作について

大島さん「時代劇ってすごいなって思いました。セットが凄いんです。初めてこんなに大きなセットを組んでいる現場をみて、すごいお金かかってるなって。日本映画でも合成や技術を駆使してる映画はたくさんありますが、本作はその技術をふんだんに使って、役者と技術とスタッフと堤さんの知恵、すべてを使っている映画だなと思いました。見応えがありすぎます!」

大竹さん「大阪夏の陣・冬の陣の合戦シーンでは、本当に大変だったんだなと役者やスタッフの苦労を想うと、それだけで感動しました。私は合戦には参加していないので、堤監督から絵コンテを見せていただいたのですが、とても細かくて、『これを人間がやれるだろうか?』とドキドキしながら、寒い1月の撮影を待っていて、『無事に生きて帰ってきてね』と祈っておりました。」

撮影は昨年末から今年の2月まで極寒の中で行われましたが、大島さんは、「くノ一なので軽装なんです。雪が降りそうなマイナス3度の中で撮影をしていたので、寒さはきつかったです。特に一番寒い場所と言われている御殿場での撮影だったんです」と苦労話をするも、大竹さんが「セットは寒かったのですが、私は部屋で命令を下すだけで、苦労してないんです。」と、他キャストに比べて苦労知らずなエピソードを披露して会場を沸かせました。

_98r1153_r

劇中では男性陣に混ざりアクションをこなし、松坂桃李さん演じる霧隠才蔵へ恋心を抱く火垂役の大島さん。
「時代劇に出演したかったので、くノ一として出演できて嬉しかったです。想像してたのは違いましたが(笑)。初めての時代劇なので、おすべらかしで着物をきた淀殿のような役を想像していたのですが、堤監督から『アクションがとてもカッコイイし、動けるので、期待してます』とおっしゃっていただいたので、とってもやりがいあるなと思いました!」と語りました。

さぞかしトレーニングをしたのかと思いきや、「トレーニングしてないんです。台本にはアクションがはいっていないかったのですが、現場に行くとアクションが追加される。それでアクションがどんどん増えていったんです。」と裏話を語りました。

_98r1114_r

男性にも負けない権力で豊臣政権を立て直そうと奮起し、加藤雅也さん演じる幸村との間にもある秘密を抱え、物語の鍵を握る淀殿役の大竹さん。主演の中村勘九郎さんとはプライベートで仲良くしているそうですが今回が初共演とあって、大竹さんも感慨深いものがあったことを明かしました。

クランクイン前に久々の映画出演という勘九郎さんからアドバイスを求められたといい、「『自分の思った事をやればいいし、スタッフさんのことを見ていたら大丈夫だよ』と伝えると、素直に聞いてくれて、おかあさんみたいな気持ちになりました。」と、マル秘エピソードを語りました。

縦横無尽に大活躍する十勇士は個性的なキャラクターで、イケメン揃い!
理想のタイプを聞くと、大竹さんは「やっぱり、松坂くん!かっこいいし、ベラベラしゃべらない。」と即答し、会場から笑いが!大島さんは「佐助かな。勘九郎さん。喜怒哀楽があって、人間らしい。」というと、「才蔵が好きな役なんだよ?」と松坂押しの大竹さんがすかさずツッコむと、大島さんは「それは火垂が!」、大竹さん「ひど~い!」という掛け合いに会場は大爆笑。
十勇士以外では?という質問には「せ~の!ケンブリッジさん」と声を揃え、「全部がいい!」「体格もいいし、さわやかだし、将来性もあるし」と、女子トークに華を咲かせていました。

二人が演じる淀殿と火垂は思いを寄せる男性に対して、自分からハッキリ気持ちを伝えるという恋愛に積極的な役柄。
大竹さんは「状況にもよりますが、ライブとか行くと、『好き』と言っちゃいます。」という一方で、「言えないかも。我慢しちゃう。言うの恥ずかしい。私あまのじゃくなんです。我慢して爆発して言っちゃうみたいな!」と正反対の発言をすると、大竹さんが「分かりにくい!」と思わずツッコむ場面も。

_98r1174_r

最後に一言ずつメッセージをいただきました!

大島さん「時代劇エンターテインメントというように、堤さんの小ネタやギャグが盛り込まれていて、エンターテインメイント性に富んでいて、時代劇としてもとても分かりやすく描かれています。歴史が苦手だったのですが、この作品を見て歴史が好きになりました。さらに、淀殿と息子の秀頼の親子愛。火垂と才蔵の恋愛、十勇士の男の友情、いろんな情が見れます。私は、この映画を観て、『十勇士、すっごいカッコイい!』とずっとキュンキュンしてました。迫力がとにかくすごいです。何も考えずに素直にみてください。老若男女問わず見れる映画です。」

大竹さん「私は違いますが(笑)、若いエネルギーが炸裂している映画なので、若さを十分楽しんでいただければと思います。エンターテインメントな作品だと思います。時代劇なんだけど時代劇じゃないような不思議な作品。役者がワンカットワンカット必死になって撮ったので、感じていただければと思います。」